HOME > 治療の流れ

治療の流れ

治療の流れ

整骨院でも交通事故の治療を受けることができます。自賠責(自動車損害賠償責任)保険の取り扱いとなります。
交通事故での障害(損傷)は、事故による強い衝撃によって全身のあらゆる関節や筋肉などには損傷が生じています。事故の当日には異常がなくても翌日、翌々日に症状が出てくることもあります。
痛みやしびれ、こわばりや違和感などを感じたら、早急な受診(ご来院)をお勧めします。日時が経過しますと交通事故との因果関係を問われますのでご注意ください。
医療機関で診断書をもらいます。警察へは人身事故扱いとして届けを出し、損害保険会社の担当者にも連絡してください。

当院は必要に応じまして、医療機関をご紹介いたします。
※下記は、ご参考までですが、交通事故に関する一般的な知識です。

まずは警察へ交通事故の届け出のイメージ

① まずは警察へ交通事故の届け出
加害者などからの事故の報告は義務ですが、被害者からも届け出をすることが必要です。
特にケガをしている場合は人身事故扱いの届出が大切です。また、できるだけ早く自動車安全運転センターから『交通事故証明書』の交付を受けてください。

 
相手(加害者)の情報を収集のイメージ

② 相手(加害者)の情報を収集
もし交通事故の被害者になってしまったら、相手の確認が十分に必要です。加害者の住所・氏名・連絡先、加害者が加入している自賠責保険・自動車保険の会社名・証明書番号など、加害車両の登録ナンバーも必ず控えておきましょう。
加害者の勤務先と雇主の住所・氏名・連絡先も確認が必要です。業務中に従業員が交通事故を起こしたときは、雇主も賠償責任を負うことがあります。こうした場合、一般的に運転者よりも資力のある雇主に賠償請求を行います。

病院にて医師の診断を受けるのイメージ

③ 病院で診断を受ける
「大したことはない」 と思っていても、意外に後から症状が出てくる場合もあります。事故に遭ったら速やかに医師の診断を受けることが大切です。受診をして診断書を発行してもらい、警察へ提出してください。診断書の提出により、人身事故扱いになります。この一連の手続きにより自賠責保険の適応が可能となります。
(※当院での治療をご希望の場合は、損害保険担当者に「整骨院で治療を受けたい」とお申し出ください。お困りの方は何なりとご相談下さいませ。)

保険会社へ接骨院・整骨院での治療を希望する旨を伝えるのイメージ

④ 保険会社へ整骨院での
    治療を希望する旨を伝える

損害保険会社の担当者に「整骨院で治療を受けたい」ことを意思表示として申し出てください。
「通院する医療機関(または整骨院)は患者さん自身が決めること」ですので、病院でないと治療を受けられないことはありません。

曲渕整骨院(本院)の道順はこちら