HOME > 交通事故治療

交通事故治療

曲渕整骨院は交通事故によるお怪我の治療をいたします。

交通事故の現状・・・のイメージ

交通事故治療では必要に応じて医療機関への診察・検査を紹介致します。

整骨院でも交通事故の治療は可能です。自賠責(自動車損害賠償責任)保険の適応となります。

また、病院に通院(週に1度ほどで受診)しながら、当院で治療(日常の施術)を受けられることをお勧めします。その際は、損害保険担当者にその旨(患者様が整骨院で治療を受けたいこと)をお伝えください。

交通事故に遭われた患者様の訴え(痛みやしびれ、こわばりや違和感など)はさまざまです。交通事故の強い衝撃によって、全身のあらゆる関節や筋肉などには損傷が生じています。
事故の当日には異常がなくても翌日、翌々日に症状が出てくることもあります。痛みやしびれ、こわばりや違和感などを感じたら、早急な受診(ご来院)をお勧めします。日時が経過しますと交通事故との因果関係を問われますのでご注意ください。

当院では、むち打ち損傷(くび)や腰椎捻挫(こし)をはじめ、様々な交通事故によるお怪我の治療をさせて頂いております。何なりとご相談下さいませ。

交通事故に遭ってしまったら・・・

交通事故に遭ってしまったら・・・のイメージ

まずは警察(管轄の交番や派出所)に通報しましょう。
※現場における警察官の立ち会いのもと、交通事故の確認(現場検証)により、自賠責保険に必要な事故証明が発行できます。

警察官の到着までに以下の情報を控えておくと、スムーズです。
・相手方の氏名、住所と連絡先、車の登録ナンバー
・任意保険の有無、自賠責証明書番号と保険会社名等

上記は、あくまで交通事故で自賠責保険保険を取り扱うための手続き上のことですが、一番大事なことは被害に合われた患者様のお怪我を治すことですから、信頼のおける医療機関や整骨院で、ご納得のいく受診や施術をお勧めします。受診(ご来院)で診断書(施術証明書)をもらい、人身事故扱いとして警察に届けを出します。当院は適切な医療機関をご紹介いたします。お困りな点がありましたら、何なりとご相談下さいませ。

交通事故治療とは・・・

交通事故治療とは・・・のイメージ

交通事故治療とは、一般的に交通事故が原因で生じたお体の異常(むち打ち症、腰痛、背部痛、関節や手あしの障害、痛み、しびれ、だるさ、こわばり、違和感、不快感 等)の治療のことを指し、主に自賠責保険による治療のことをいいます。
交通事故では、その衝撃により日常で経験する怪我では傷めないような部分にも及んで損傷していることが多く、放置すると痛みや動きが障害され、首の痛みや肩こり、腰痛などで自覚することになります。
交通事故では、早期の受診(ご来院)と、ご納得のいく治療を受けられる事をおすすめします。
当院では、交通事故が原因で生じたお体の異常でお悩みの方、また、治療は受けているが、思ったように症状が改善されずにお困りな方などのご相談に応じております。

※交通事故の場合、治療費や診断書料(証明書料)、通院交通費(必要かつ妥当な実費にて制限はあります)などは自賠責保険により、治療関係費として賄われますので、費用のご負担は一般的にはありません。

交通事故の症状

むち打ち症・むちうち損傷 whiplash injury
診断名(傷病名)は「外傷性頚部症候群」「頚椎捻挫」「頚部捻挫」などといいます。
車での追突事故などの際に、首や背中に衝撃がかかり、頭の重さで首が瞬時に過伸展から過屈曲し、頚椎にムチのようにしなるような力がかかることで生じるので、むち打ち症・むちうち損傷と呼ばれています。
その怪我の度合いも、非常に軽いものから、後遺症を残すものまで様々です。

むちうち損傷について
骨折・脱臼を除く頚部の筋肉・靭帯・神経・血管などさまざまな損傷が考えられます。
むちうち損傷の後遺症として「低髄液圧症候群」の概念があります。

むちうち損傷の原因
車の追突などの交通事故により生じることが多いのですが、体操やスノーボードでの高所からの転落・転倒、ボクシングでの衝撃などのスポーツにより、まれにはジェットコースターでの回転や捻転で起きることもあります。

むち打ち症の症状と分類

頸椎捻挫型
むちうち損傷の中では軽度の損傷で最も多くみられます。
筋肉の損傷や頚椎の関節の捻挫で首、肩、背中の痛みや動きが制限され、「寝違い」に似た症状です。感覚異常や頭が重い・頭痛・うなじの痛み・うでの疲れ・力が抜ける感じなどの不定愁訴が主で、二次的におこる上肢への神経の障害でうでや手のシビレが起こることもあります。約3週間で軽快しますが、数ヶ月にわたり症状が続くこともあります。

神経根症状型
頚椎から出る神経が圧迫されることにより、首の痛みや頭痛、腕のしびれやだるさ、筋力が低下するなどの症状がみられます。
咳、くしゃみ、首を反らせたり、横に曲げたり、後ろをむいたりすると症状が悪化します。うでや手の定まったところに感覚異常が出たり、腱反射が低下したり、神経の圧迫を誘発するテストが陽性になります。

頸部交感神経症候群(バレ・リーウー症状)型
頸部交感神経や椎骨動脈神経の障害や緊張で、神経が興奮したり、血管が縮んだりして、それらが及ぶ領域にさまざまな症状が起こります。頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気、眼の疲労、顔やうでやのどの感覚異常、夜間のうでのシビレなどの症状がみられます。

■混合型
神経根症状型と頸部交感神経症候群型の症状が混合してみられます。

■脊髄症状型
高齢者の場合、または頚椎症やまれに後縦靭帯骨化症(OPLL)を伴う場合に、脊髄損傷を生じ、手やあしに麻痺がみられることがあります。

曲渕整骨院(本院)の道順はこちら