AED

AED(自動体外式除細動器)とは?

突然の心停止(心臓突然死)から命を救うため、痙攣(けいれん)を起こした心臓に電気ショックを与える装置です。
操作は、音声ガイダンスにより指示され、電気ショックが必要かどうかもAED(自動体外式除細動器)が判断します。
高度な専門知識を必要とせず、安心して簡単に操作することができます。

除細動とは?

除細動とは、主に心室細動を起こした心臓に電気ショックを与えることです。
電気ショックにより心臓の痙攣(けいれん)がおさまり、その後規則的な収縮が再開してポンプ機能を取り戻すことができます。

<一般市民による除細動>
2004年7月1日より、医師や救急救命士だけではなく、現場に居合わせた
一般市民もAEDが使用できるようになりました。


米国においては既に一般市民のAEDによる除細動が行われており、学校や公共施設、一般企業などに多くのAEDが設置されています。日本国内においても、一般市民による早期の除細動心肺蘇生法が実現すれば、突然の心停止からの救命率が向上すると期待されています。そのためにも一次救命処置の講習を受講されることをお勧めします。

胸骨圧迫と人工呼吸

心臓が停止すると、血液の流れが止まり、脳と心臓自身と各組織細胞に生命の源である酸素や栄養が行かず、数分で死に至ります。
胸骨圧迫を行う事で血液を循環されることができ、AEDによる除細動効果も著しく向上します。
また、人工呼吸を行う事で、血液中に酸素を取り入れる事が可能となります。
※人工呼吸は状況によって行わなくても良い場合があります。

AEDが到着するまでの胸骨圧迫により、
救命率は向上します。

AEDの使い方Q&Aと、AEDの安全性



Q, AEDはどんな人に使うべきでしょうか?
A, 声を掛けても全く反応がなく、呼吸をしていない人に使用して下さい。

Q, 健康な人へ使用したらどうなりますか?
A, 除細動が不要と判断し、ショックは実行されません。

Q, 金属面上での使用は可能でしょうか?
A, 使用可能ですが、パッドを金属面に接触されないでください。

Q, AEDを使って法律に触れる事はないの?AEDを使って助からなかったときに訴えられることはないの?
A, 救命のためであれば、AEDは誰が使っても構いません。もし救命が不成功に終わったり、重篤な後遺症が残ったりしても、救助者は民法の「緊急事務管理」に係わる規定によって、免責されることがうたわれています。

Q, 濡れた場所では、使用できるのでしょうか?
A, 使用可能ですが、傷病者を水中から引き上げて下さい。傷病者の胸が濡れている場合は、タオル等で水をふき取った後、パッドを装着して下さい。



除細動の判断
AEDがショック可能な調律を検出し、必要に応じて電気ショックのエネルギーを充電します。
ショックが不要な場合は充電がされないため、除細動ショックは実行いたしません。

毎日行われる自己診断機能
必要なときにいつでも使用できる状態を保つために、AEDは毎日自動的に点検されます。
また、装置の状態を示すマークにより、AEDが確実に使用できる事を判断できます。

長寿命の電池パック
AEDの電池は、救命環境での使用を目的として作られているので、小型、軽量であり、安全性にも優れており充電不要です。
一定期間(約4年)または、一定の使用状態(機種による)にて交換が必要です。(その場合、AEDがアラームにてお知らせします。)

除細動電極パッド
電極パッドは工場出荷より約2年間保管可能です。装置には、貼り間違えた場合や湿った個所への貼り付けで粘着性が無くなってしまった場合を考慮し、電極パッドは2セットを標準付属としています。
曲渕整骨院(本院)の道順はこちら