HOME > 超音波による検査

超音波(エコー)検査

超音波(エコー)検査

超音波(エコー)検査では、機材と画像を構築する技術の進歩により、整骨院においても患者様の来院時(お体の異常を感じられているその時)に、損傷の状態を観察できるようになりました。当院では超音波(エコー)検査を行っており、患者様の症状を聞き取り、身体所見のテストなどをおこなった上で、患者様のニーズ(ご要望)に応じて検査をさせて頂きます。

なぜ超音波(エコー)検査が有用なのか?
1. 超音波(エコー)検査は人体に対して無害・非侵襲です。
2. 運動器の観察にも有用です。
3. ロコモティブシンドロームは運動器の障害です。
4. スポーツ傷害は運動器の損傷です。
5. 損傷の経過(状態の変化)も、随時確認することが可能です。


運動器損傷の場合
1. 骨・軟骨損傷
損傷の状態を確認することができます(状態によりましては、医療機関への受診をおすすめいたします)。

2. 筋損傷・腱・靭帯損傷
超音波(エコー)検査が得意な分野です。X線検査で異常がみつからない組織の状態を観察します。


  
<右肩を前外方から観察します>       <上腕骨の小結節と大結節、上腕二頭筋長頭腱が観察できます>

   
<右膝を内方から観察します>         <大腿骨と脛骨、内側側副靭帯や内側半月板が観察できます>

その他の場合
1. 末梢神経の観察
運動器の損傷に付随して、シビレや筋肉の萎縮などの症状が認められる患者様に対して有用です。

2.四肢の血管観察
運動器の損傷に付随して、だるさや冷えなどの症状が認められる患者様に対して有用です。

   
<右膝を後方より観察します>         <赤く見える膝窩動脈とその上には膝窩静脈が観察できます>
曲渕整骨院(本院)の道順はこちら