贈る言葉

2013年5月30日 木曜日

【贈る言葉 3-50】

 【「頂く」ということ】

普段、何か物を貰った時や、
食べ物を食べる時に使う言葉ですが、
今日は、起きてきた事全てを「受け容れる」の
意味で理解して頂きたいと思います。

日本語って本当に素晴らしいと思うのですが、
「頂く」には進化形がありまして、
それは「押し頂く」という言葉です。

最近感じるのは、日々、
実に色んな事が起きてきますが、
その出来事を全て「押し頂くんだ」と、
腹を括っていけば、不足や不満という言葉は、
不要になります。
そして、自分から積極的に事柄に関わって、
対処して行く事が一番だと思います。
関わる前に嫌ったり、選り好みしていたら、
表現の幅が狭められます。

 「押し頂いて、喜んで関わっていく」
楽しい毎日の過ごし方の秘訣のようです。

曲渕整骨院・曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2013年5月28日 火曜日

【贈る言葉 3-49】

 【お前は俺の宝だ】

雑誌で見つけました。
青年会議所会頭の安里繁信氏は、
どんなに忙しい日でも、
家を出る前に必ず子どもを抱き上げ、
「お前は俺の宝だ」と声を掛けるのだそうです。

愛されているという「安心感」は、
子どもを伸びやかに成長させてくれる様な気がします。

 乳幼児期には、母性愛でしっかり抱いてあげて、
慈愛に基づく愛着形成が必要と言われています。
その前提があって、次に「八重の桜」で有名な
会津藩の武士の心得「什の掟」にある
「ならぬものはならぬのです」という、
厳しい躾が生きてくるのだと思います。

 昔からある日本の育児・教育の基本
「しっかり抱いて、下に降ろして歩かせる」を、
これからの若いお父さん・お母さんにも
実践していってほしいものです。
 最近の色んな酷い事件を聞くたびに、
この基本を見直してほしいと願わずにいられません。

 曲渕整骨院・曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2013年5月23日 木曜日

【贈る言葉 3-48】

 【上司が、「いつでも良いから、
これをやっておいてくれ」 と言ったら、
まず「
今すぐ」やってほしいと言う事に
間違いないんだよ】

 ある雑誌で見つけたことばです。
成る程なぁ~と思いました。
そう腹を括って、
次々と仕事をこなしていたら、
素晴らしい事になりそうな気がしました。
私はすぐ、仕事をためてしまうので、
反省しきりです。

上記の言葉は、次の言葉に続きます。
「人(私は特に上司と理解しましたが)から

言われる前に自分で動く
人から言われた時は「負け」と思って、
素直に聞かせて頂く」
仕事に生きる時間は、
人生の大半を占めます。
この事は、単なるハウツーでは無く、人として
真から楽しく生きるための
真理の一つの様な気がします。

 曲渕整骨院・曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2013年5月21日 火曜日

【贈る言葉 3-47】

 【早く明日にならないかなぁ~】

先日、ラジオから聴こえた言葉です。

リスナーの甥っ子(小学一年生)が、
学校に行くのが楽しくて、
明日を待ち切れない感じで発したこの言葉を、
そのリスナーさんは、
非常に感動を持って聴いたのだそうです。

明日が待ち遠しいくらい学校が楽しい甥っ子の
ワクワクした弾んだ声に、
自分は明日を楽しみに生きているだろうか‥‥
何年もそんな感覚を忘れて、
毎日に追われるばかりのような気がすると、
その方は述べておられました。

皆さんはいかがでしょうか。
>今日一日を精一杯生きたら、
夜眠る時には、その感謝と共に
「早く明日にならないかなぁ~」と、
ワクワクしながら、
明日を楽しみに眠りにつきたいものですね。


曲渕整骨院・曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2013年5月18日 土曜日

【贈る言葉 3-46】

 【ピッチに出たら、常に全力で
        プレイしていた男と覚えていていてほしい】

引退を表明した、ディビット・ベッカムが
TVのインタビューに答えていました。

私はサッカーに疎いのですが、
ヨーロッパの強豪チームに所属していて、
今期も48億円の収入があり、
それはあのメッシ選手よりも多いのだとか‥‥。

まさに頂点にいる時に、
引退するというベッカム。
彼なりの美学が、そこにはあるのでしょうね。

その彼が言った
「ピッチでは常に全力プレイ」という言葉。
やはり人生、何かを成す人は
「ひたむき」なんですね。
力を出し惜しみすると、
少しずつその力は無くなっていきます。
常に全力投球・全力疾走・全力プレイ
あるのみ。
今、この瞬間を精一杯生き抜きましょう。

 曲渕整骨院・曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2013年5月16日 木曜日

【贈る言葉 3-45】

 【前提を疑い、人の話をよく聴く】

ユニクロのグローバルブランド戦略・
カップヌードルミュージアムの
トータルプロデュースなど、
数々のヒット商品や
企業のブランディングを手掛ける
クリエイティブディレクター・佐藤可士和氏。

デザインやアイディアを生む秘訣は?
と、問われて「本質を見抜く」といわれます。
そしてそのためには、
「まず、前提を疑う。
そもそも、これでいいのか?
そして、相手(クライアント)の言う事を
きちんと聴く」

彼は、このきちんと聴く事を「問診」と呼び、
大きなプロジェクトを推進して行くには、
特に大切と言い切ります。
じっくり悩みを聴きながら、
相手の抱えている問題を
洗い出すのだそうです。

人の付き合いも仕事も、
本質を見抜く力は不可欠ですね。
表面に騙されない
心の目を培いたいものです。
曲渕整骨院・曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2013年5月15日 水曜日

【贈る言葉 3-44】

【遠慶宿縁】

 親鸞上人の言葉です。

「遠く宿縁を慶びなさい」と読み、
どんな人も、実に多くの縁を授かり、
いろんな方々のお世話になって
生かされているという事を知り、
感謝して生きるように説きます。

柳生家の家訓を思い出します。

小才は縁に気付かず
中才は縁に気付いて縁を活かさず
大才は袖擦り合う縁をも活かす

今日はどんな方とのご縁が
待っているのでしょうか?
目の前に現れるご縁に、
「良い・悪い」はありません。
全てを感謝し、
素晴らしいご縁にしていけますように‥‥。

曲渕整骨院・曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2013年5月13日 月曜日

【贈る言葉 3-43】

 【どれだけたくさんの事をしたかではなく
         一つひとつにどれだけ心を込められたか】

 マザーテレサの言葉だそうです。

明日も生きられると思ってはいけないと
つくづく思います。
どんなに健康であっても、
人生何が起こるかわかりません。

 今、目の前に起きてくる事を、
一つひとつ受け入れて、さぁどう対処するか‥‥
後出しジャンケンで構わないのです。
起きて来た事に一番良き対処法を授かって
一心不乱にやるだけです。

一つひとつに誠を込めていれば
自ずと道は開かれます。


 曲渕整骨院・曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2013年5月 7日 火曜日

【贈る言葉 3-42】

【ヨーイ、ドン(*^o^*)】

 福岡はお天気に恵まれたGWでしたが、
北海道では氷点下の所もあったようですね。

 とにもかくにも、皆様の休日は、
穏やかで楽しいものだったと思います。

さて今日から、また平常が始まります。
心のネジを巻き直して「ヨーイ、ドン(*^o^*)」

今日も一日、上機嫌で過ごしましょう。
そうすれば、身体も疲れず、仕事ははかどります。

曲渕整骨院・曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2013年5月 2日 木曜日

【贈る言葉 3-41】

【すべてが「必然・必要・ベスト」】

 「物事に取り組むに当たって、
ポジティブか、ネガティブかと、
選択の余地は無い。
ポジティブだけ。
どこまで行ってもポジティブだけ。」

 「銀のさら」をはじめ、
多くの宅配ブランドを展開する
レストラン・エクスプレスの江見朗社長は、
「怒らない・感謝」をキーワードに
経営されています。
 起きてくる事は、
すべて「幸せ」になっていくために、
その人にその時必要な事であり、
それには対処していくしかない。
 「ポジティブかネガティブか」と、
選択する余地は無く、
積極的に取り組むしか無いという事です。
 どんな事が起こって来ても、
怒らず、感謝し、ポジティブに‥‥
出来ないと思わず、
そうできる様に努力したいと思います。

曲渕整骨院・曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

曲渕整骨院(本院)の道順はこちら