贈る言葉

2012年10月30日 火曜日

【贈る言葉 2-133】

【『人のせいにしない!』と誓う】

ゴールドラット・コンサルティング日本代表の岸良裕司氏。
京セラに入社し、先輩の一言にショックを受けます。
『京セラは所詮請け負い会社。
「請け」て「負ける」と書く、最初から負けている会社なんだよ』


岸良氏は、会社は何故、自分を雇ったのか、
自分はどうなるべきなのかと考えました。
まず、稲盛社長が愛読している
安岡正篤氏の『大学と小学』を読み、
修身の大切さを学びました。

イスラエルの物理学者ゴールドラット博士の
『ザ・ゴール』を読んで
『仕事はいろんな人の繋がりの中で行う』と学びました。

岸良氏は、断言します。
『最も非生産的な考え方は「人のせいにする」こと。
いつも僕は同じ質問をします。
「人のせいにしてあなたの会社の問題は解決しますか?」
すると、世界中の誰に尋ねても
「解決しない」と口を揃えて答える』

「人のせいにしない!」と腹を括るだけで、
解決の道は拓けてきます。

曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年10月28日 日曜日

【贈る言葉 2-132】

【どんな人生にも絶望はない!④】

『中村久子さん』最終話。

久子さんは『奇跡の人・ヘレンケラー女史』と
対面する機会に恵まれ
不自由な身体で手作りした日本人形を
贈り物として渡します。

ケラー女史は、人形を手で触りながら
丁寧なその作りに感激し
久子さんの身体にも触りました。

久子さんの不自由な身体を理解した女史は
『貴女は私より不幸な人ですが、
私より偉大な人です。』
と久子さんを讃えました。


久子さんは泣きました。
嬉しさと後悔の涙です。

久子さんは鬼の様な母の
厳しい躾の意味を悟ったのです。
奇跡の人・ヘレンケラー女史からの
『偉大な人』との一言のために
母は心を鬼にして躾てくれたのだと‥‥

しかし母は既に亡くなっていました‥‥。
あまりの厳しさに
母を恨む様な気持ちになっていた久子さんは
泣きながら母に感謝したのでした。

『どんな人生にも絶望はない!』
と言えるようになった礎は
母親の真実の愛と
全てを仏に委ねる篤い信仰心
そして常に『自らを由として生きる決意』
によるものだと感じ、感動し
長々と贈らせて頂いた次第ですconfidentheart04

曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年10月27日 土曜日

【贈る言葉 2-131】

【どんな人生にも絶望はない!③】

『中村久子さん』パート③です。

久子さんは、自ら見世物小屋に入り、
不自由な身体で器用に芸をこなしながら
生活保護や障害者年金など貰わず
自立して生活します。

世間の人々は、彼女を『だるま娘』と呼び
見世物小屋で人気者になります。
しかし、心の中は苦しく
何故自分がこんな目に遭ってしまうのか‥‥
と自問自答を続けていました。

ある時お寺で
無心に『南無阿弥陀仏』を唱える女性と
同席する機会がありました。
そこで彼女は
『全てを仏様にお任せし‥‥
全身全霊を仏に委ねて
自分に出来ることを精一杯するのだ‥‥』と悟り
『手足の無い、この過酷な人生こそが
お念仏の御教えに出会うための尊いご縁であった』と
心底思えるようになったのだそうです。

この姿が、人々の感動を呼び
各方面から講演を依頼されるようになりました。

この、中村久子さんのお話
もう一日だけ、続けます‥‥。

曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年10月26日 金曜日

【贈る言葉 2-130】

【どんな人生にも絶望はない!②】

『中村久子さん』パート②です。

『突発性脱疽』のため、
両腕両脚を切断した彼女が、
頑張って・頑張って・頑張って、
やっと仕上げたお人形。
幼友達の母親は、
唾で濡れていたので『汚い!』と、
あろうことか川に投げ捨てたのだそうです。


その事を知った彼女は、
悲嘆に暮れるのではなく、
『きっといつか、唾で濡れていない着物を
縫い上げてみせる!』と決意しました。

そして3年、中村さんが
美しいひとえの着物を仕上げたのが15歳でした。

しかし...『どんな人生にも絶望はない!』
と言い切る心境を授かるまでには
まだまだ艱難辛苦が...。

この続きは、またまた明日...(苦笑)。

曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年10月24日 水曜日

【贈る言葉 2-129】

【どんな人生にも絶望はない!①】

私は今50歳ですが、恥ずかしながら
この歳になるまで知らなかった
『中村久子さん』の言葉です。
皆様は既にご存知かとも思いますが、送信します。

中村さんは幼い頃、
しもやけ(凍傷)から『突発性脱疽』となり
5本の指がついたままの左手首が
『ぼろっ』ともげ落ちました。
両親は悲嘆の中、彼女の両腕を肘から
両脚を膝から切断することを決め
彼女は命を救われました。


中村さんが9歳になった時
優しかった母親が
突然鬼のように厳しい躾を開始します。

肘から先が無い腕で、着物を解き
針に糸を通し、唇と舌で玉結びを作る‥‥
これが出来ないと食事がもらえません。

中村さんは必死で練習し
12歳で、着物を着た日本人形を作り上げ
幼友達にプレゼントしました。
(soonこのエピソードには次の展開あり)
母が厳しく躾るようになって
3年以上が過ぎていました。

私は不器用で、しかも怠け者だから
ボタン付けとゴム紐の入れ替え位しか針を使えません。
またしてもお恥ずかしい限りです。
彼女の努力は想像を絶するものであったと思います。
ただただ、脱帽です。
しかし、中村さんが『どんな人生にも絶望はない!』
と言い切る心境を授かるまでには、
まだまだたくさんの艱難辛苦が待ち受けていたのでした。
続きは次回に...。

曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年10月22日 月曜日

【贈る言葉 2-128】

【サービスの5原則】

山形新幹線・つばさレディー第一期生の齋藤泉さん
(日本レストランエンタプライズアドバイザー)は
通常片道の平均売上が『7万』の車内販売で
3倍以上の『26万5千円』の売上を達成。
お弁当の売上個数187個の販売記録も作りました。

現在も2ヶ月更新のパート契約で
車内販売をする彼女はなぜ売れるのか...?
彼女のサービス5原則です。

①予測を立てる
②考えて準備する
③確認する
④修正する
⑤反省する

この基本のルーティンを
自分自身に課す事により
毎日新鮮な気持ちで仕事に取り組み
昨日より今日・今日より明日...と
自分自身が成長していく......
ライバルはあくまでも自分なんですね。

そして、ふと気付いたことは即、実行sign03
soon例えば、お客様から『どんな中身のお弁当なの?』
と聞かれ、『eyeflair写真付きのメニュー表があったら、
お客様が選びやすいかもwink
soon早速自分でメニュー表を作って車内に持ち込み、
他の販売員にも作ってあげた。
soonつばさ号全体の売上がぐんとアップupup
『他人(ひと)も良し・我も良し』の仕事の姿ですね。

齋藤泉さんは、お客様と対峙しながら
『自ら』を『由』として、
真の自由に生きてあるのだなぁと感じました。

曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年10月18日 木曜日

【贈る言葉 2-127】

【アイディアが浮かぶということは......】

夫婦間に必要なことは、
必ずどちらか片方にアイディアが浮かびます。
大切な何かを、
ふと気付いたのが奥さんであっても、
それは夫婦二人に授かった贈り物です。


似たような事で、
チームが心を一つに仕事をしている時
必要な事はその中の誰かに
気付きが与えられます。
だから、気付いた事は、気付いた人が、
気付いた時に
サッと行動に起こさなければなりません。

自分の判断でやれる範囲なら、即行動に。
判断を仰がなければならないレベルの事なら
即相談を‥‥。

怖いのは、気付いているのに行動しないと、
何をすべきだったのか忘れてしまうだけでなく、
気付けない、感度の悪い人間になってしまう事です。

後回しや、力の出し惜しみは百害あって一利無しです。

曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年10月17日 水曜日

【贈る言葉 2-126】

【今日でユニフォームを脱ぎたくないんや!】


今シーズン限りで引退を表明した、
ソフトバンクホークスのキャプテン・小久保選手。
クライマックスシリーズ西武戦のラスト試合で、
円陣を組んだ時、彼の発した一言が、
『今日の試合をキャプテンのラストゲームに
したらいけないpunch必ず福岡ドームに帰るんだ』と
チームの士気をよみがえらせました。

今季パ・リーグ3位で終わったホークスですが
まだ試合に挑めるわけで、
日本シリーズの出場もあり得ます。
つまり、日本一も可能です。

最後の最後まで諦めない、
小久保選手の心からの一言が
チームを奮い立たせ、
チームを本当に一つにしたんだなぁと思います。

大好きなホークスをもうしばらく応援できて
嬉しい曲渕でした。
西武ファンの皆様、お疲れ様でしたconfident

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年10月16日 火曜日

【贈る言葉 2-125】

【切に思うことは、必ず遂ぐるなり】

道元の言葉です。
一心に思い続けることが出来ること自体、
『出来る』ということなのかもしれません。

『念ずれば、花開く』
『努力の上に辛抱という棒を立てろ。
そこに大輪の花が咲く』
『決して、決して、決して諦めるな』
『成功するまで続ければ失敗は無い』

粘り強さ・根気・反復継続...
先達たちの多くの言葉が、
成功の原理原則を伝えてくれます。

淡々と粛々と、目の前にある事柄に、
優先順位をつけて取り組んでいきましょう。

曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年10月15日 月曜日

【贈る言葉 2-124】

【V・W】

昨日に引き続き、
ノーベル賞受賞者・山中伸弥教授が
大切にしている言葉...文字です。

Vは、ヴィジョン(展望と目標)
Wは、ワークハード(懸命な努力)

『日本人は「W・ワークハード」にかけては
世界に誇れるが、
「V・ヴィジョン」をはっきりさせることなしに
とにかく一所懸命やってるという事に陥りやすい』
と山中教授。

iPS細胞の研究の目的は
非常にはっきりしています。
医療応用を一日も早く実現し
病気で苦しむ患者さんの治療に貢献する。

この『V・ヴィジョン』がはっきりしている上に、
『W・ワークハード』を惜しまない
研究チームだからこそ、国も支援し、
国民も期待を膨らませています。

曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年10月14日 日曜日

【贈る言葉 2-123】

【換えていないのは、嫁さんだけやなぁ】

今や時の人、
不器用で医局の人達から『じゃまなか』と揶揄されていた
ノーベル賞受賞者・山中伸弥教授の言葉です。

元々整形外科医で、
通常なら15分で終わる手術が1時間たっても終わらない。
邪魔で役立たずの『じゃまなか』先生。
大学院に入り直して、
昔から興味があった血圧の研究を始めると、
これが非常に面白い。
アメリカに渡り、
今度は動脈硬化について研究していたら、
重要だと思っていた遺伝子が、
実はガンを作っていた。
それでガンの研究を始めたら、
次に発見した遺伝子がES細胞と密接な関わりがあって、
そこからiPS細胞へと導かれて行ったそうです。

日本では研究の『継続性』が
評価される事が多いそうで、
テーマがコロコロ変わる山中先生は
『換えていないのは嫁さんだけやなぁ』と...。

『継続は力なり』です。
でも、『本当に打ち込むべきもの』に出会うまでは
三日坊主もあり...とも言えますね。
勿論、その時その時に精一杯取り組みながらの
『三日坊主』ではありますが...。

曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年10月12日 金曜日

【贈る言葉 2-122】

【貧困は有限・実りは無限】

二宮金次郎の言葉です。

『貧困(無学・低所得等々)』は、
実は抜け出すことが可能で、限りあるもの。
永遠に貧困であると決まっている訳ではありません。

限りなく広がるのは
『実り(学を修める・収入を上げる)』です。

一握りの種を大切に育てれば、
翌年はその何百倍もの種を収穫でき、
数年後には無数の実りになります。
実りは無限なのです。

目の前に起こってくることに感謝し、
大切に大切に取り組んでいけば、
必ず大きな実りになります。

曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年10月 5日 金曜日

【贈る言葉 2-121】

【100℃と99℃の違いを意識する】

元ザ・リッツ・カールトン・ホテルの日本支社長
高野登氏が、月刊誌・知致11月号の中で
述べておられました。

『99℃は熱いお湯だが、
あと1℃だけ温度が上がって100℃になると、
蒸気になって、蒸気機関車を動かす力が出る。
99℃では蒸気機関車は動かせない。
この1℃の違いを意識しながら仕事をするのが
リッツ・カールトンの流儀』

では100℃の仕事とはどんなものなのか?
高野氏曰く、

『誰もがしている仕事を、
誰もが考えないレベルで考えて、
懸命に汗を流さないと見えてこない世界だ』

たった1℃の違いを気付けるか否か、
その努力をし続けるか否か、
勉強でも仕事でも、ひいては人生全てにわたって、
大きな大きな差となることは間違いないでしょう。

曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年10月 4日 木曜日

【贈る言葉 2-120】

【出来ることはやり尽くした。
      体の中に何も残っていない】

就任一年目で胴上げされた
日本ハムファイターズの栗山英樹監督の言葉です。
監督は、『選手の迷いを消すのが仕事』と言い、
座右の銘は『夢は正夢』。

日ハムのエースピッチャー・武田勝選手は
『(監督の)細やかな気遣いは初めて。
監督らしくない監督』と評しています。

与えられた『場』→『監督業』に
精一杯取り組み、気付いた事を次々と行動に移し、
『色んなストレスは(試合で)勝つしか発散出来ない』
と、食欲が半分になっても
突き進んだシーズンだった様です。

ホークスファンの私からも
『あっぱれfuji』を贈ります。
(でも、ホークスファンはクライマックスシリーズ
まだまだ諦めていませんよ~happy02)

曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年10月 2日 火曜日

【贈る言葉 2-119】

【清々しいですね~happy01good

この言葉は、一昨日、曲渕整骨院の
男性柔道整復師・N先生の発した一言。


一昨日9月30日は、曲渕整骨院がある
城南区長尾3丁目の地域一斉清掃日。
日頃、私達が仕事をさせていただけるのも、
地域の方々のご理解とご協力のおかげですので、
地域清掃に皆で参加することにしました。

休日に、朝8時過ぎの集合で、
地域の公園に出向き掃除をするわけですから、
連日長時間勤務に明け暮れるスタッフ一同、
本音は休みたかったと思うのです。

しかし(手前味噌にはなりますが)、
参加したスタッフ全員が本当に一所懸命、
草を抜き、落ち葉を掃いて
山のようなごみ袋を運び、
一心不乱に頑張ってくれました。

そうして約一時間半、うっすら汗までかいて
作業を終えた時に、心からの一言が
N先生の口からこぼれました。
『清々しいですねhappy01good

大童になって、その時その時に精一杯、
誠をこめる...清々しい一時、
皆で作業出来たことを心から感謝した瞬間でした。

曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

曲渕整骨院(本院)の道順はこちら