贈る言葉

2012年8月31日 金曜日

【贈る言葉 2-106】

【賢い女性が二人いれば、会社は発展する①】

25年間で3300社を指導された、
コンサルタント・中神公子さん(アルファプランニング社長)は
女性は男性とは違った能力を持っていると言います。曰く、

①一つの事に一所懸命取り組む能力が高い。
②三つの事柄を、同時に行える。
③一人で五役を演じられる→母親の様に愛を持って
    姉の様に励まし、友人として勇気づけ、
    恋人の様に寄り添いながら、妻の様に支える...。

しかしこの様な能力は、鍛えられないと発揮できず
親や教師が叱ることが少なくなった現代は
女性が成長できる場は『会社』(就職後)しか無いと
中神さんは言います。

社会の発展に、女性の力は欠かせません。
男性の力を120%発揮させる能力も
女性にあるような気がします。
曲渕整骨院も、素晴らしい女性教育の場になればと
思います(→明日に続く)。

曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年8月23日 木曜日

【贈る言葉 2-105】

【目をそらしてはいけないことがある】

シリアで取材中に銃撃に遇い、
亡くなられた山本さんは、度々大学の教壇に立って
若者達へメッセージを発信していたそうです。


『知らないことは罪だとさえ思える』......
著書の『戦争を取材する』の中の言葉......
シリアの内戦は、やはり遠い世界の事の様に
感じていた私、恥ずかしい限りです。

『医者は目の前で苦しんでいる人を救い、
ジャーナリストは彼らの存在を世界に伝える事で
どうしたら救うことができるか、
考えるきっかけを作っていく』と記した山本さんを
父親で新聞記者だった孝治さんは
『最高の記者だった...。』と讃えておられましたが
ご心中いかばかりかと思います。
心より、山本さんのご冥福をお祈り致します...。

曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年8月18日 土曜日

【贈る言葉 2-104】

【私は、生涯『疲れた』と言ったことがない】


これは先日、公共交通での世界一周・
公演旅行から帰国された、
昇地三郎さんの言葉です。
明治39年生まれで、現在106歳の昇地さんですが
次の目標は4年後の、横浜での心理学学会に
参加すること。

もう、あっぱれと言うしかありませんね~。
106年間、一度も「疲れた」と言ったことがない
昇地さんに、往復ビンタで気合を入れて頂きたい私です。


曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年8月17日 金曜日

【贈る言葉 2-103】

【はいhappy01sign03

『う~ん、良い返事scissors』と、
気持ち良くなる『はいsign03』です。
これは、『素直な心』の現れだからだと思います。

しかし...何か頼まれても、『はい』と、
なかなか言えずに、
どよ~んとしてしまうことも、多いですよね。

特に身近な人に対して一番難しくなるのが
この『はいsign03』ですね。

そこで提案flairflairflair
今日は一日、皆で『はいsign03』と、
『素直な心』で過ごしてみませんか?

曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年8月16日 木曜日

【贈る言葉 2-102】

【好きになるまでやる!】

『苦手な事』『嫌いなもの』『気にくわない人物』
...どんな人にも、一つや二つおありかと思います。

出来れば避けて通りたい所ですが、
それでは苦手なものを避け続けて、
狭い世界で生きることになってしまいます。
また、嫌いだからと仕事を辞めてしまったら
途端に生活に困るということもあるでしょう。

実は、難しくて嫌いなことも、
とことんはまりこんでやると、
不思議と楽しくなってきます。
つまらない単純作業でも、本気ではまりこむと
全く気付かなかった喜びを感じ取れる様になります。
気付くようになるのです。

嫌いだと思っている事も、
本当に必死で取り組むと必ず好きになれます。

曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年8月10日 金曜日

【贈る言葉 2-101】

【仕事(スポーツ選手なら練習・受験生なら勉強)
をする時は上機嫌でやれpunchannoy

ドイツの経済学者、アドルフ・ハインリッヒ・ワグナーの
有名な言葉です。この後に
『そうすれば仕事もはかどるし、身体も疲れない』と
続くのですが、最近改めて『そうだなぁ...』
と感じ入っています。

『はまりこんでやる』『一心不乱に取り組む』
『楽しんで働く』これができたら
人生怖いもの無しかもしれません。
与えられた仕事に、巡りあった仲間に
感謝しつつ、今日も一日、自分に出来る
精一杯の力を出しきって働き(練習し・学び)ましょう。

曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年8月 9日 木曜日

【贈る言葉 2-100】

【報恩感謝】

熱戦が続くロンドンオリンピックで、
メダリスト達がインタビューの度に
口を揃えてこう述べています。
『ここまで支えて下さった沢山の方々に感謝します』

どんなに立派な人であっても、
生まれたての赤ちゃんの時は
必ず誰かの手を煩わせています。
長じても、いろんな形で社会生活のルールを
教えてもらい、成長していきます。
その上で個人の能力を発揮しているわけです。


その『恩』に感謝もせず、今の成功を『我が力』で
掴んだと思っている人が、一生を通して成功した
ところを見たことがありません。

『報恩感謝』は、し過ぎて困ることはありません。
感謝は探してでもしていきましょう。
『ありがとうございます』を口ぐせにして
過ごしていきましょう。

曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年8月 9日 木曜日

【贈る言葉 2-99】

【約束を守る】

簡単なようで、実は難しいのが『約束を守る』
中でもすぐに破ってしまいがちな事が
『自分自身に対する約束=決意』です。

私など、自分に甘い自堕落な人間なので(苦笑)
決めたことが続かず、
すぐ自分との約束を破ってしまいがちです。
そうならないためにはどうしたら良いのか...
私なりに考えてみました。

どうも毎朝、決意を朗唱すると良いようです。


自分の右脳に決意を聴かせる事で、
その後の行動を右脳が導いてくれるようです。
今日一日、行動すること・やり遂げることを決め
右脳に聴かせて活動を開始してみましょう。

私も頑張りますhappy02punchup

  曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

曲渕整骨院(本院)の道順はこちら