贈る言葉

2012年5月30日 水曜日

【贈る言葉 2-75】

【真似る→まねぶ→学ぶ】

『学ぶ』 の語源は 『真似る』 と言うことは、
度々お伝えしてきましたが、大切な事を付け加えます。

勿論、やり方・態度を真似ることも必要なのですが、本当に真似るべき事は、
学びたい人の 『考え方・心構え』 を真似るということです。

素晴らしいその人に、一歩でも近付き、
一時も早く素晴らしさを学び取ろうと思うならば、
その人の言葉と態度から 『考え方・心構え』 を知る事です。

人間力の土台は 『考え方・心構え』 です。
基礎がしっかりしていないと、何を載せても定着しません。
素晴らしい人物の 『考え方・心構え』 を真似て、行動を変化させましょう。

 曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年5月28日 月曜日

【贈る言葉 2-74】

【結い】

農村では、田植えの時期になると、水を湛えた田んぼに
ずらりと人が並んで、田植えをしていました。

その田んぼの持ち主の家族が一斉に出ても4人か6人でしょうが、
必ず10人以上の人が黙々と田植えをしていました。

田植えは短い時間で一気にやらないと、稲の生育にムラが出てしまいます。
他家の田植えの時には自分の田植えと同じ様に手伝いに行き、
自分の家の田植えも近所の人達に手伝ってもらう‥‥
そうやって協調していくことを 『結い』 を結ぶというのだそうです。

この 『結い』 の心に気付いたのは、昭和11年・日本の農村調査に来た
アメリカの社会人類学者・エンブリーでした。
ヨーロッパやアメリカでは必ず賃金が発生してしまうところ、
日本では人のために力を尽くしたら、自分の時も必ず力を尽くしてくれる‥‥
美しい『結い』の根底は『信頼関係』です。
これからもお互い様の心で生きていきたいものです。

 曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年5月26日 土曜日

【贈る言葉 2-73】

【29日目の恐怖】

こんな例え話を読みました。
ある日、池の水面に蓮の葉が1枚浮かび
翌日には2枚、次の日には4枚、4日目には8枚と、
倍々で増えていきました。
そして、29日目になると、蓮の葉は、その池の半分を覆いました。

この池の水面が、蓮の葉で完全に覆い尽くされてしまうのが
明日ということは、毎日観察していた人ならわかりますが、
29日目に初めて池を見た人には  『その日』 が明日ということは解りません。

蓮の葉が池を覆う位の事なら、別に『恐怖』を感じる必要は無いでしょうが、
これが 『人々の心の荒廃』 という葉だったらどうでしょうか。

歴史や過去を学ぶのは、過去に囚われて、
後ろ向きになるためではありません。、
未来のために過去を知り、自分・家族・地域社会・そして日本が、世界が
『今』どんな状態なのか客観視する。
そして、今を大切に生きるようになりたいものです。

 曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年5月22日 火曜日

【贈る言葉 2-71】

【細心の注意を怠らず】

昨日は慌て作った贈る言葉でミスをしていました。
『次回の金環日食・2030年』 の私の年齢は、
正しくは68歳なのに、なぜか78歳と10歳も勘違いしていました(笑)

私は昔から所謂おっちょこちょい。
しょっちゅう忘れ物はするわ、勘違いするわ‥‥と、
周囲の方々に迷惑かけて50年‥‥(苦笑)

そんな私の呪文は『細心の注意を怠らず』‥‥
小さなウッカリミスをする度に、この言葉を思い出し、心で唱えます。
お陰で、この歳まで大きな困り事にならずに済んでいるのかもしれません。

  曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年5月21日 月曜日

【贈る言葉 2-70】

【金環日食】

福岡市は約90%の部分食が観られるはずでしたが、
残念ながら、雨雲に覆われて直接観測は出来ませんでした。
でもTVの列島中継で、弁当作りしながら(笑)つぶさに観ました.

大宇宙の営みってすごいですね。
太陽の軌道・黄道と、月の軌道・白道が約5度の傾きでずれているため、
こういう天体ショーが観られる機会は限られているのだとか‥‥。
3年前の皆既日食に続き、宇宙の神秘を味わう1日となりました。

次回日本で金環日食を観られるのは2030年6月1日の北海道とのこと。
もし私が生きていれば78歳です。
今から北海道旅行を企画して、
次回の金環日食は札幌の友人と共に観測しようかな~wink

 曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年5月18日 金曜日

【贈る言葉 2-69】

【全てのものは移りゆく。怠らず努めよ。】

世界の『三聖人』の一人と讃えられる、釈迦の言葉です。

人は死ぬまで変化します。歳を取ったら、
『もう学ばなくて良いよ...』と言うことはありません。

また、もう一人の三聖人・孔子も、
『力がなくて師の教えを実行出来ない』 と問う、
弟子の冉求(ぜんきゅう)に対し、
『力足らざる者は中道にして廃す。
今、汝は画れり(かぎれり)』 
(→本当に力が足りないなら、途中で力尽きてしまうだろう。
お前は自分で自分の力を見限っているだけだ)
と、答えています。

あなたの成長は死ぬまで続くのです。
その日まで、できる範囲で怠らず努めたいものです。

 曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年5月16日 水曜日

【贈る言葉 2-68】

【親切】

人に対しての親切、あなたはどんな事を考えますか?
言葉遣いを優しく、丁寧に対応する等を想像されるかと思います。


その上にぜひプラスして頂きたいのが、
まず一番に 『理解しよう・この人の気持ちをわかろう!』  と信念して、
相手の話を聴くと言うことです。
その時は、言わずもがなではありますが、
先入観を持たず白紙の気持ちで聴く事が大切です。

そして、一旦自分の好み・都合・立場は置いて、
相手の立場に立ってみる事、これが『真の親切』なのです。

あなたが心から親切なら、あなたの周囲は親切な人で溢れるでしょう。
全ては鏡ですから...。

 曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年5月11日 金曜日

【贈る言葉 2-67】

【人生は何が起こるかわからないから面白い】


犯人が最初からわかっている推理小説もありますが
(例えば刑事コロンボとか...古い?)、大体は
『大どんでん返し~』的な(笑)ストーリーが面白いですよね。

スポーツも、結果がわからないから楽しめるわけで、
生で観られないとき、録画したとしても、
好きなチームが負けたとわかってしまったら、わざわざ見ないのでは...。

そして、最後の最後までわからないのが人生です。
今のところ、あまりパッとしない日々を過ごしている方も、
究極を言えば、一分後一秒後、どんな運命が待っているのかわからない...

ガンジーの言葉を思い出します。
『今日死ぬが如く働き、永遠に生きるが如く学べ』

 曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年5月10日 木曜日

【贈る言葉 2-66】

【共通点】

所謂、成功者と言われる人々には共通点があるようです。

①実行・振り返り・反省の回転が速い。
②縁を大切にしている。
③歴史に学び、恩を忘れず周囲に感謝している。
④信仰心(祈り心)がある。

そして、何よりも大切かも...(笑)
⑤性格が明るいsign01

如何ですか?皆さんの回りを見渡してみてください。
『やるなぁ~happy02good』と思う人って、みんなこんな感じしませんか?

 曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年5月 9日 水曜日

【贈る言葉 2-65】

【だまされたと思って...】

対人関係・就職難・受験競争・金銭的な苦労‥‥
人生には色んな悩みが、次々と起きてきますよね。

そこで、だまされたと思って、是非とも実行して頂きたい事が
『周囲の人々の幸せを、心から祈る』 です。


一旦自分の気持ちは、何処か神棚(笑)の上にでも置いて、
心(真・信...しん)から、周囲の人々の幸せを祈ってみてください。
祈る対象は何でも良いのです。
太陽でも近所の神社仏閣でも、ご先祖様でも...。

『苦手な人・嫌いな人・許せない人等々』 の事こそ、
殴りに行く代わりに、その人の幸せを心から祈る。
自分の勉強や仕事の達成を神や仏に願う前に、
お世話になっている周囲の人々に感謝し、
その方々の幸せを心から祈る。

周囲の人々の幸せを祈る事で、あなたはすごいパワーを得ます。
だまされたと思って、せめて1週間、心から祈ってみませんか。

 曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年5月 3日 木曜日

【贈る言葉 2-64】

【狭き門より入りなさい】

有名な聖書の言葉ですね。

易きに流れるのは簡単。
でも、それでは本当の満足は得られません。


そして、本当にあなたに試練を課する事が出来るのは、
親でも無ければ先生でもありません。
ただ一人、あなた自身です。

あなたが、自ら狭き門をくぐろうと身をかがめ、
苦しい試練に挑むならば、必ずや道は開かれるのです。

その人の人生の主人公は、その人だけですから。

 曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

曲渕整骨院(本院)の道順はこちら