贈る言葉

2012年3月31日 土曜日

【贈る言葉 2-51】

【背負ってますhappy02up

昨日、プロ野球が開幕しました。
日本ハムファイターズの開幕投手をつとめ、見事勝利した
斎藤佑樹選手の一言です。

勝利投手インタビューで
『持ってますね~』と振られて一言。

『いえ、背負ってますsign03

2006年甲子園 『ハンカチ王子』と呼ばれた斎藤祐樹投手。
怪物スラッガーの中田翔を、4打数・無安打・3三振に抑え
話題になり、田中将大と投げ合った決勝戦は、
延長15回で決着がつかず、
4連投となる再試合の結果、勝利sign03happy02
結局この大会では、69投球回・投球数948球を投げ抜き
見事優勝を果たしました。

早稲田大学でも、優勝投手になり
『斎藤は何か持ってる!』と言われ、その時は
『今日、何を持っているのか確信しました。それは仲間です』
と語り再び話題になりました。

プロとなり、初の開幕投手を勤めた昨夜は
『持っている』 のではなく、
エースとしての責任を 『背負っている』 と自覚したゆう君。

益々頑張って、日本を元気にしてほしいですね。

 曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年3月30日 金曜日

【贈る言葉 2-50】

【桜cherryblossomサクラheart04

桜前線が走り出しましたsoonrun
我が家の正面に見えるcherryblossomも三部咲きですhappy01up

花の美しさでは、薔薇の方が上かもしれません。
しかし、日本の桜は趣が違う様な気がします。

美しい花の蔭にトゲを隠す事もなく、
あるかないか判らないくらいの仄かな薫りと淡い色合い。
時期が来たら、春風に乗ってサッと散りゆく潔さ。

さぁ皆さん、大和民族であることを感じずにはいられない約2週間です。
身近な方達と、今年のcherryblossomを楽しみましょうねwinkheart01

最後に、これまでも何度も送りましたが、
やはり桜と言えばこの短歌が一番shineshine

敷島の 大和心を人問わば 朝日に匂ふ  山桜花   
(本居宣長)

 曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年3月29日 木曜日

【贈る言葉 2-49】

【憤】

『憤の一字、是れ進学の機関なり』(佐藤一斎)

<憤>こそが学問を進歩させ人間を向上させると一斎は言い切ります。

『うかうかしていられない・発奮する・やるぞ!』という気概がなければ、
人は向上しません。

弟子3000人と言われる孔子の痛憤の言葉を...。

苗にして秀でざる者あり。
(学問をしても苗のままでいつまでも穂を出さない者がいる)

秀でて実らざる者あり。
(せっかく穂を出しても、実を結ばずに終わる者もいる)

之(これ)を如何せんと言わざる者は、吾之を如何ともするなきのみ。
(いかにしたら自分をもっと磨く事が出来るかと、
真剣に求めようとしない者はこの私<孔子>もどうすることもできない)

 曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年3月28日 水曜日

【贈る言葉 2-48】

【一日の学問 千載の宝  百年の富貴 一朝の塵】

鎌倉末期の禅僧・夢窓疎石(むそうそせき)の七言絶句の一部です。


わずか一日の浅い学問でも自分の身につけば
永遠の実りとなりますが、
百年の年月をかけて蓄積された大きな財産は、
学問と違ってあっという間に塵のように無くなってしまう...。

『一書の恩徳 萬玉に勝る  一言の教訓 重きこと千金』
と続くこの絶句、
良書と良い師に巡り会う事が、いかに大切な事かを
簡潔に教えてくれています。


私達は漢文等に触れる機会も極端に少なく、
知らないことばかりです。
改めて、中国の古典(『大学』や『論語』等々)や
日本の古典にも学ばなければいけないなぁと感じ入る日々です。

 曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年3月26日 月曜日

【贈る言葉 2-47】

【夢をみることは重荷を背負うことだ】

イチローが小学6年生の時に書いた作文は有名ですeyeupup

まず、自分は365日中360日激しい練習しているのだから、
必ずプロ野球選手に成れると本人が固く信じています。

次に、入団先はドラゴンズかライオンズで、
」契約金は1億円以上と具体的に示し、
最後にお世話になった人に招待券を贈ると締めてあります。

夢に対して全く迷いがなく、
夢を叶えるために進んで代償を払おうとする気持ちが強いのです。
遊びたい盛りに、友人と遊ぶのは1週間に5~6時間だったそうです。
そして報恩の気持ちを忘れていません。

『夢をみることは重荷を背負うことだ』は、松下幸之助氏の言葉です。
この言葉を既に小学6年生で体得していたのがイチローなんですね。

夢に対して本気・本腰...今からでも出来ますhappy02heart04

 曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年3月25日 日曜日

【贈る言葉 2-46】

【心の栄養】

『人間の身体に栄養が必要なように、心にも栄養が欠かせません』
と言われるのは鍵山秀三郎さん。

先日も紹介しましたが、
掃除力で日本を変えていきたいという、
本当に頭の下がる活動を地道に続けておられる方です。

鍵山さんは、続けてこう述べておられます。
『心の栄養は、自分の得にならないことをやることです。
得する事しかやらない人は、心の栄養が欠乏して人間が卑しくなるのです』

本当にそうだなぁと感じます。
見知らぬ人のために、あとから来る人のために、
一生懸命働けば、それは素晴らしい心の栄養になる‥‥
心の豊かな人がたくさんいる社会こそが、
真に豊かな社会だと改めて思いました。

  曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年3月23日 金曜日

【贈る言葉 2-45】

【日本中に届けますsign03

cherryblossom『球春』cherryblossom到来ですhappy01up
春の選抜高校野球大会が、21日に開幕しましたねwink

出場32校の選手を代表して、石巻工業高校の主将
安部翔人君が素晴らしい選手宣誓をしてくれました。

『...感動・勇気、そして笑顔を! 
見せましょう、日本の底力を!絆を!...』

と続く、2分16秒の宣誓は、その後、20秒もの間続く大拍手となり、
甲子園に吸い込まれていきました。

既に甲子園からは6校が去りましたが、
残る26校の選手たちのひたむきなプレイは、
きっと皆様の心に 『感動・勇気、そして笑顔を』 届ける事でしょう。

がんばれhappy02punchup高校球児baseball
がんばろうhappy01rockheart04ニッポンheart01heart01

 曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年3月22日 木曜日

【贈る言葉 2-44】

【請求書の人生ではなく、領収書の人生を】

元イエローハット社長・鍵山秀三郎さんの著書『平凡を極める生き方』の中に
ある知人のエピソードが記されていました。

その方は、おばあさんからこう教えられたそうです。

『寺社にお参りした時は
「ありがとうございます」と、
請求書ではなしに領収書のお参りをしなさい』


神様や仏様にお参りするときは、
今与えられている物をありがたいと感謝し、
領収書だけを持っていくんですね。
確かに、神仏に請求書はだせないですよね~eyesweat01


さて、鍵山さんと言えば、いつも社員より早く出社して
社の周辺を掃き清め、
トイレを素手で徹底的に磨きあげ、
イエローハットを大きく開花させた方です。
その『掃除力』のエピソードはまた後日...お楽しみに!

 曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年3月17日 土曜日

【贈る言葉 2-43】

【過去が咲いている今  tuliptuliptulip
 clovercloverclover  未来の蕾で一杯の今】

陶芸家・河井寛次郎の言葉です。
厳しく、美しい言葉です。

今の自分は、過去の生き方の結果、花咲いているものであり
誰のせいでもなく全て自分の鏡。

そして、今の自分は、一年後・五年後‥‥生きている限り
未来にたくさん花を咲かせる可能性を持つ
可愛い蕾の集合体なのです。

これまでの自分を受容し、認め、
これからの自分を美しく花咲かせていきましょうcherryblossomshineup

  曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年3月16日 金曜日

【贈る言葉 2-42】

【寄り行く心】

仕事のシーンでは、お互いに一歩ずつ『寄り行く心』が大切だと、
感じることがあります。

どちらか一方だけが、我慢したり、逆に意見を押し通したり‥‥。
これではいつか摩擦が起きてしまいます。
我慢している方が爆発したり、
意見を押しぎみだった人は『暖簾に腕押し』状態に呆れて、
コンビが組めなくなります。


人間関係は、例えば上司と部下として常識の範囲内の立場は
大切にしなければなりませんが、基本的には平等です。
お互いが一歩ずつ譲歩したり、積極的に、一歩寄り行く事で
円滑に進むのです。

特に、チームで仕事をされる方々にはとても大事な言葉が
『寄り行く心』です。

 曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年3月15日 木曜日

【贈る言葉 2-41】

【数学は『数が苦?』いえいえ『数楽!』です】

昨日は3・14と言うことで『円周率の日』だっだそうですね。
最近は数学が苦手な若者が増えているそうですが、
『誰が解いても答えが一つ、筋道がひらめけば攻めるのみ。
そんな潔さに引かれた...。』とは、昨日の天声人語の筆者。

数学が苦手な方にはまず、『博士の愛した数式』(小川洋子・著)
の読書をお薦めします。
小説の、温かな世界の中で、数学者の「博士」が優しく語る
『数』の不思議な法則を、私は40歳で初めて知りました。
こういう事をこそ、小学生に教えたら良いのに‥‥
数学嫌いなんて無くなるだろうに‥‥と思ったものです。

最後に前述の天声人語より

『論理的に考える習慣は人生をより豊かにしてくれるはず。
数が苦より数楽だ』

 曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年3月14日 水曜日

【贈る言葉 2-40】

【足りない物をあげつらう前に、与えられている物に感謝しようconfident


今日一日、あなたに与えられている物をメモ帳に書き出してみませんか?
当たり前に生活している毎日は、いかにありがたいものかよくわかります。


住む家があり
蛇口をひねればきれいな水がきちんと出て、
寒ければストーブやエアコンで暖をとれる、
お風呂も毎日入れるし、
下着も毎日清潔な物と換えられますよね。
職場や学校、家庭・友人・知人...数えきれない人との繋がり...。

足りないものに心を奪われるのは、バカバカしいです。
与えられている物を改めて認知し、感謝していきましょうhappy01


 曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年3月13日 火曜日

【贈る言葉 2-39】

【涙を超えて強くなるしかない‥‥weep

石巻市の奥田江利子さんは東日本大震災の追悼式で、
亡くなった長男・智史さん、長女・梨吏佳さん、そして両親の魂と共に、
覚悟と決意のこもった言葉を述べられました。

愛する家族を失った悲しみは、決して、決して、無くなりません。
時と共に、薄~い皮を、一枚ずつ剥いでいくように、
少しずつ、少しずつ和らいでいくような気がします。
でも、悲しみは決してなくなりはしない...。

遺族はみな、心の中にその悲しみを丸ごと抱きしめて
歩んでおられるのだと思います。

追悼式での天皇陛下のお言葉‥‥
『国民が被災者に心を寄せ、被災地の状況が改善されていくよう
たゆみなく努力を続けるよう期待する』

皆さま、これからも心を寄せていきましょうね。

曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年3月12日 月曜日

【贈る言葉 2-38】

【一年‥‥早いのか遅いのか‥‥weepweep

昨日は、東日本大震災から丸一年でした。
皆さん、それぞれの場で黙祷を捧げられたり、
tvslateでの特番報道に注目された方も多かった事と思います。

私も改めて今回の災害を振り返り、私達に出来ることは何かと考えましたthink

『これ位しか思い付かないないなぁ...』と言うのが私の実感ですが、
3つの事を心新たに決意しました。

①可能な範囲で経済的支援(募金や東北産の物を購入する等)を続けること。

②全ての被災者の皆さま方がお幸せになられます様にと祈ること。

③この大震災を決して忘れないこと...。

clover『ランドセル 負いたる遺体抱きしめて 自衛隊員 泥沼の中』
(浦安市・白石美代子)cherryblossom

曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年3月 8日 木曜日

【贈る言葉 2-37】

【協力会社と呼ぼう】

3月7日・朝日新聞の読者欄に寄せられた言葉。

投稿者は長年精密機器メーカーに勤めた方。
その会社では作業を請け負って下さる会社を
『下請け』とは呼ばず『協力会社・協力メーカー』と呼ぶように
決められていたそうです。

職業に貴賤はありません。
どんな仕事でも、その職種だけで完結する仕事は無いでしょう。
原料・素材の生産に携わるたくさんの方々、
スタッフ・従業員、そしてお客様‥‥どれだけの人達が関わって
社会は運営されているでしょうか?

自分の力だけで生きている人は一人もいません。
周囲に感謝し、敬意を払うことは当たり前なのです。

 曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年3月 6日 火曜日

【贈る言葉 2-36】

【山崎さん、すごい②】

青少年アンビシャス運動シンポジウムの講師、
JAXAの宇宙飛行士・山崎直子さんの話・第2段。
今回の講演テーマは
 『夢を叶える秘訣』
だったのですが、次の言葉は印象的でした。

『‥‥何かを手に入れようと思ったら、何かを手放さなくてはならない‥‥
私も宇宙飛行士として働くためには、
可愛い盛りの娘との関わりを断ち切らなければなりませんでした。』

宇宙飛行士・山崎直子さんは同時に娘さんにとってはたった一人の母親。
そしてご主人にとっては妻。

普通の家庭の幸せと特殊な職業での成功‥‥
完全な両立は山崎さんでも難しかったのだろうと思います。
でも、ご主人の支えと、山崎さんのご努力で今の山崎さんがあります。
失ったものを補って余りある夢の実現だと感じました。

  曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年3月 5日 月曜日

【贈る言葉 2-35】

【山崎さん、すごい①】

昨日、福岡県の『青少年アンビシャス運動シンポジウム』の司会をさせて頂きました。

今回の講師は、JAXAの宇宙飛行士・山崎直子さん。
『はやぶさ』人気?1000人以上の参加希望者があり、会場は満席。

その山崎さんの一言。
『宇宙飛行士の訓練は9割が緊急時の対応。
しかも、その場で話し合っていては間に合わない様な危険が伴う。
だから、議論を効率化することはとても大切』


凄まじい重力に逆らって地上を抜け、
上空400㎞の宇宙空間を秒速8㎞(マッハ25)もの猛スピードで移動するシャトルと
国際宇宙ステーションをドッキングさせる...etc.
文字通り、危険と背中合わせの仕事。

マニュアル化できることは、全てマニュアル化され、
シャトルの内部はできる限り簡素化されているそうです。
その上に、宇宙飛行士は訓練を重ねいつでも宇宙へ行ける様に備えます。
それでも、予期せぬ事が起こる...。
人知を尽くした上に謙虚にならざるを得ない、
素晴らしい職務に感動致しました(次回に続く...)

 sun曲渕智子night

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

2012年3月 1日 木曜日

【贈る言葉 2-34】

【土下座ブームeyesweat01

マンガ『どげせん』を企画した板垣恵介さんは
『土下座は相手を追い詰める暴力』と言います。

また、『土下座しなければならない状況は大抵、土下座では解決しない』
と、言われます。


例えば事故で家族を失った時、加害者がいかに土下座しても、
亡くなった家族は戻ってきません。
泣いたり、わめいたりすることも同じです。
起きてきたことはもとに戻らない。

時計は逆回転をしません。
しなければならないことは、謝罪に誠心誠意を尽くした後、
対策を講じること。
同じ間違いを2度としないこと。

学ぶこと...そして、受け容れる事です。

  曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院 | 記事URL

曲渕整骨院(本院)の道順はこちら