整骨院BLOG

2019年12月23日 月曜日

令和元年度ロコモ予防推進員フォローアップ研修会に参加してきました!

令和元年度ロコモ予防推進員フォローアップ研修会に参加してきました!

令和元年12月20日(金)、
春日市クローバープラザで開催された上記研修会に整骨院スタッフとともに参加してきましたsign01

この研修会は、ロコモ予防の普及活動を積極的におこなうことを目的に、
「福岡県保健医療介護部健康増進課」が主催で、
平成26年度から開催され今回が6回目で、私たちは毎年参加して研修を受けています。
昨年までは午後からでしたが、今年は午前に講義、午後から実技と充実した内容で行われました。

午前の医師の講義では、腰痛に関して最近のトピックスを紹介されました。
その原因について、これまで特異的腰痛15%(椎間板ヘルニアや椎体骨折など病因が特定できる腰痛)と
非特異的腰痛85%(原因を特定しきれない腰痛)の割合だったのが、
丁寧な診察と診断的ブロックから特異的腰痛78%、非特異的腰痛22%に逆転したこと、
急性腰痛で坐骨神経痛を伴わなければ5日以上の安静は回復を遅らせること
(無理のない範囲で動いた方が良い)、
3か月以上持続する慢性腰痛に関しては運動療法が有効であること、
腰が曲がった高齢者では脊柱可動域を広げて腰背筋運動をすること、など教えていただきましたconfident

午後からはアリーナに会場を移し、立ち上がりテストや2ステップテストなど
ロコチェックの復習、予防のためのスクワットや片足立ちなど運動の再確認や、
サイドスクワットやスロージョギングなどロコトレプラスとなるような運動が紹介され、
実際に体験をおこないましたrock


<立ち上がりテスト>

<ロコモ予防のストレッチ>

介護保険が導入されて約20年、「ロコモティブシンドローム」が提唱されてから約12年になりますが、
認知度はまだまだ低く、福岡県は残念ながら全国平均以下で42%sweat01だそうです。
要支援・要介護の要因の第一位は「認知症」「脳血管疾患」「高齢による衰弱」ではなく、
転倒による骨折、腰部脊柱管狭窄症、股や膝の関節疾患など
「ロコモティブシンドロームすなわち運動器の障害」です。
当院は、介護保険の開始直後から整骨院の施術に運動療法を積極的に取り入れております。
今後も引き続き普及に努めてまいります。

曲渕整骨院 曲渕 靖洋

記事URL

2019年12月10日 火曜日

第3回ロコモチャレンジin曲渕整骨院

令和元年11月30日(土)午後2時から、10名の方に参加していただき開催しました。

初めに院長が、「メタボリックシンドロームの認知度は高いのですが、ロコモティブシンドロームはまだまだです。
皆さんぜひよく知っていただき、予防に努めてください。」と挨拶。



次に青柳先生が手作りの工作物を使って「ロコモティブシンドロームとは何か?」をわかりやすく説明。
要介護の原因は脳血管疾患や高齢による衰弱より、運動器の傷害(転倒による骨折や関節疾患)が多いこと、
ロコモもメタボと同じように予防できること、をお伝えすると皆さんうなずいておられました。

続いて主任が、身体テストの前に体をほぐすためにウォーミングアップを指導。
両手じゃんけんやコグニサイズ(いくつかの指示を同時に行う脳トレ)など、
簡単な計算では頭も使って、大きく声も出し、皆さん和気あいあいに準備体操を楽しまれましたnotes



次はロコモ度を測る二つの身体テストです。
一つ目は40センチから10センチの椅子を使っての立ち上がりテスト。
椅子からの立ち上がりが両足で可能か?片足で可能か?をテストします。
ロコモ度の判定は、40センチの片足立ち上がりが可能か?20センチの両足立ち上がりが可能か?が目安です。
二つ目は、できるだけ大股で2歩すすんだ距離を計測する2ステップテスト。
テストは2回行い、良かった方の結果を採用します。身長以上プラスαの距離をすすむことができるかがポイントです。



テストの最後は、からだの痛みや日常生活で困難なことはないかなど、25の質問に対してその度合いを答えていただきました。
これら3つのテストの結果から、皆さんの身体で運動器の働き方の状態を判断させていただきました。

そして、予防のための運動を指導。あしの働きを低下させないため、ふとももの強化運動やスクワット運動。
転倒しないようにバランスをとるための片脚立ち運動などを紹介し、実際にやっていただきました。


(ロコモ度が付かなかった方の表彰式shine

終了後は、皆さんとお菓子をいただきながらのお茶会です。
あし以外にも肩の具合が悪い方からのご相談では個別に運動のアドバイスをさせていただいたり、
おかげさまで盛会のうちに終わらせていただきましたsign01

次回は令和2年2月29日(土)の14:00より開催いたします。
ご興味のある方はご参加くださいませ。

曲渕整骨院 曲渕 靖洋

記事URL

2019年12月10日 火曜日

福岡トヨタ・地域ふれあいイベントに参加しました(*^^)v

2019年11月28日(木) 福岡市早良区次郎丸にある
福岡トヨタ次郎丸店で開催された
「地域ふれあいイベント・健康増進フェスタ」
に、講師として参加してきました。



まず、簡単なスタッフの自己紹介の後、院長より
「なぜ今、ロコモ予防の運動が必要なのか?」
を、自身の実体験をもとにお話しさせて頂きました。




今回、福岡トヨタさんでの健康講座ということで
参加された15名の方は皆様お車をご利用です。
近年、高齢ドライバーによる自動車事故報道が
多く聞かれるようになりました。
車の性能は日々向上しているのでしょうが
残念ながら、運転者の下肢の筋力が低下していたり
脊柱管狭窄症などの症状があり、
下肢の動きが悪くなっていたりということから
事故につながる事もあるようです。
そこで今回は特に
ロコモを予防して、いつまでも
お元気に運転を楽しみましょう!

ということを目標に掲げての健康教室です。

次に、青柳先生が、
「そもそも、ロコモティブ
シンドロームって何?」

というお話をさせて頂きました。

 
なるべくわかり易く‥‥と、
手書きの絵や図・グラフを準備して‥
皆様熱心に聞いていただけたようです(^^♪

そして、ご自身が現在ロコモ度がどれくらいかを
把握してもらうために、
「ロコチェック」のご紹介もしました。
今回は、チェックはしませんでしたが、
若い男性に模範演技をして頂いて
ロコチェックがどんな感じで行うのかだけ
見て頂き、会を終えてから、立ち上がりテストを
体験をされる方もおられました。

 

そして、皆さんにも実際身体を動かして頂いての
ロコモ予防運動です(^^♪

 

指先の運動から、コグニサイズ
(いくつかの指示を同時に行う脳トレ)
なかなか思い通りに動かない動作に
笑い声が上がっていました。

そして、
レッグエクステンション(大腿四頭筋強化)
レッグアブダクション(内転筋強化)
レッグアダクション(外転筋強化)
レッグカール(大腿二頭筋強化)
という基本動作をお伝えし、
自宅でも腰かけた姿勢で、あるいは
流し台のヘリなどをつかまえて、
転ばないように、無理のない範囲で
継続してトレーニングして頂くことが
大切であると繰り返しました。

最後に「ゆるスクワット」と
「一分間片脚立ち」(意外と1分が長い!)
も行い、うっすらと汗をかいたところで
4-4-4 と 4-7-8 の呼吸をして
実践は終了です。

その後、今回ご参加の皆様方と、
しばらく歓談させて頂きましたが
皆様、下肢の筋力強化の重要性は
感じておられました。でも、
「なかなか毎日続けての
トレーニングは...しないのよね~」

そうなんです。ここが問題ですね。
どうすれば継続して運動をできるか、
私達も工夫してお伝えしていこうと
改めて感じたイベントでした。

福岡市城南区長尾
曲渕整骨院

記事URL

曲渕整骨院(本院)の道順はこちら