整骨院BLOG

2012年5月17日 木曜日

【ママさんバレーで汗を流しました!!】

神松寺整骨院・あやぱんこと、私・長渕彩は
5月13日(日)に開催された、城南区・片江校区の「ママさんバレー」
の大会に出場 しましたv(o゜∀゜o)v


その日は、「母の日」でしたが、本当に「母は強し!!」
皆さん、素晴らしいファイト溢れるプレーを見せてくださいました!!

わたくし「あやぱん」は、バレーボール初心者‥‥、
チームの皆様の足を引っ張りながらではありますが(‥‥スミマセン)
精一杯頑張りました(^^ゞ

と言う事で、私以外の方々の活躍によりcoldsweats01
私たちのチームの成績は、片江校区第2位happy01scissors

ちゃっかり表彰されてきちゃいました(*´∀`*)

チームでは、皆様方から親切にして頂き、
楽しく参加させていただき感謝です!
みんなで何かに向かって力を合わせて頑張るって素晴らしいですねgood







記事URL

2012年5月12日 土曜日

【柔整師・院内スキルアップ研修】

本日の報告は、曲渕整骨院グループ・勤務柔整師の那川です。

先日、5月12日(土)、施術時間終了後に
院長の指示のもと、勉強会を行いました。

今回のテーマは、部位別に初検時の「徒手テスト法」。

柔整師4人で、それぞれに「腰」「股関節」「膝」「肩」を担当し
調べてきた内容・技術の発表・確認をしながら
学習しました。

例えば、患者様の訴えが「腰の痛み」と言うだけでも
単なる腰部の捻挫だけでなく
・腰椎椎間板ヘルニア  ・脊柱管狭窄症  ・腰椎椎間板症
・仙腸関節に問題がある場合  ・変形性股関節症からくる痛み
・重篤な病気が隠れている場合
などなど、さまざまな原因が考えられます。

それにより、施術方法も違ってきますので、
痛みの原因の判断を正しくすることは、とても重要です。
初検時の徒手テストにより、正しい判断を行うことは
その後の施術の技術と同様に重要なスキルだと実感しています。

また、患者様の訴えはどうしても主観的になります。
お一人お一人痛みの感じ方も違いますし、
痛みの強さや、感じ方は簡単に数字に表せません。
いかに、患者様の訴えられることを「正しく」聞き取れるか、
私達にできる「徒手テスト法」でどこまで判断できるか
今後もとても大切な素材だと痛感しています。

今回の勉強会で学んだことを、日々施術に活かし
さらにレベルアップして、患者様のためにより良い施術を
提供できる柔整師を目指していきます。

城南区 曲渕整骨院グループ 勤務柔整師・那川 敏夫









記事URL

曲渕整骨院(本院)の道順はこちら