整骨院BLOG

2012年1月31日 火曜日

【加圧学会で発表!!】

平成24年1月28日(土)と29日(日)の2日間に亘り、
東京大学本郷キャンパス安田講堂において、
第8回日本加圧トレーニング学会総会が開催されました。
全国から約750名の学会員が参加し、私も症例報告発表をしました。

まず、佐藤学会長より、加圧トレーニングが中国(ヤギを用いて幹細胞の研究)や
ロシア(宇宙開発への貢献)、アメリカ(アメリカスポーツ医学会との協調)、
スリランカ(加圧国際大学の設立)などで、国際的に普及が進んでいるとの報告があり
森田大会長は、近々加圧療法の認定医・認定指導士および
加圧運動療法認定施設制度の設立により、
高齢者や有疾患者などでも安全に加圧トレーニングが施せるようになると述べられました。

加圧トレーニング福岡中央支部・准統括指導者の私は、
「手根骨骨折に対する加圧トレーニングの2症例」で、
本学会では、昨年に続いて3回目の発表を行ないました。
*昨年の演題は「膝関節 骨壊死に対する加圧トレーニング(症例供覧)」

その要旨は、加圧トレーニングを用いての運動療法(保存療法)で、
舟状骨骨折の症例では3ヶ月でスポーツ現場に復帰できたこと、
三角骨骨折の症例では1ヶ月半で画像及び臨床所見も改善したこと、を報告。

質疑応答で会場から「医療機関とうまく連携がとれるようになったきっかけは?」
との質問をうけ、
「"一番大事なことは、今お困りの患者様に対し、我々は何ができるのか?
ということ。その趣旨を理解していただける医師に巡り合えるよう、
いろいろな病医院にお願いし続けたことです。」とお答えしました。

年に一度の学会ですが、加圧トレーニングに関わる最新の知見や
全国での実施状況などを知ることができ、大変有意義な2日間となりました。
今回の学会で得たものを持ち帰り、当院で活かしていきたいと思います。

加圧トレーニングに興味のある方は、ぜひ一度、城南区長尾の
曲渕整骨院へお問い合わせ下さい。



記事URL

2012年1月11日 水曜日

B.S. Magazine vol.3 を発行!!

みなさん、ちょっとお久しぶりです。
年末から、年始にかけて、いろんなことに忙殺され、
ブログを触りもしませんでした‥‥(笑)

今日はお知らせです。
曲渕整骨院と、神松寺整骨院の情報を掲載した
B.S.Mgazine vol.3 を発行いたしました。
整骨院にて配布しております。

どうぞご一読下さい。

曲渕智子

記事URL

曲渕整骨院(本院)の道順はこちら