整骨院BLOG

2016年4月 6日 水曜日

旬のたけのこで、やる気アップ(*^^)v

福岡市城南区 曲渕・神松寺整骨院
柔道整復師の伊藤です。

4月になり進学や就職など、新しい環境での生活が
始まる方も多いのではないでしょうか。

気持ち新たに、やる気満々(*^^)vという方が多い
とは思うのですが「なんだかやる気が起きない」
「元気が出ない」「仕事や勉強に集中できない...」
という方もチラホラ‥‥
そんな方には、これからの旬の食材である
「たけのこ」をオススメします(^_-)-☆




皆様はたけのこはお好きですか?

私は、たけのこご飯や卵とじ、煮物などにして
よく食べます(#^.^#)

では実際にたけのこを食べると、
どんな効果があるのでしょうか‥‥?


たけのこで注目する栄養素は「食物繊維」「カリウム」
そして「チロシン」などがあります。

まず「食物繊維」は、便秘予防や、
肥満の元である「コレステロール」を体外に排出する
働きがあるので成人病の予防に効果あり‥のようです。

「カリウム」は、身体の水分バランスを整え、
「ナトリウム」の排出を促すので「高血圧の予防」や
むくみの解消に効果的です。


そして、あまり聞き慣れないかもしれませんが、
たけのこの特徴的な成分が「チロシン」です。

たけのこを茹でた時に出る白い成分が「チロシン」。

チロシンは「ドーパミン」や「ノルアドレナリン」
など「神経伝達物質」の原料になります。
ドーパミンは脳を活性化させ、やる気を起こさせ
目標を達成した時の満足感、興奮などに関係しています。
このドーパミンが不足すると、やる気や集中力が低下
すると言われています。

このチロシンは、ブドウ糖と組み合わせると効率よく
吸収できるそうで、たけのこご飯がオススメですよ♪




ただ、食べ過ぎると‥‥

★胃腸に負担がかかる  
★吹き出物が出る
★アレルギーを引き起こす  
★シミやソバカスを濃くする
★湿疹や口内炎の発症

などを引き起こすこともあります。

たけのこには、「シュウ酸」というえぐみ成分も
含まれており、これが胃腸に負担を掛けたり
皮膚を刺激することになるので気をつけましょう。
掘って時間が立ったものほどシュウ酸は増えるので
できるだけ掘りたてを召し上がることをお勧めします。

それ以外に「コリン」や「ノイリン」と呼ばれる
成分によって、アレルギー症状を引き起こしたり、
吹き出ものが出たりする可能性もあるので
食べ過ぎには気を付けて‥‥(*´ω`*)

えぐみは「米ぬか」の汁で抑える事が出来るので
漬けるのが効果的ですよ。


疲れが溜まっているな~と感じている方は、
旬の食材である「たけのこ」を程よく食べて、
気持ち新たに一緒に頑張っていきましょう!

福岡市城南区長尾3-15-11
曲渕整骨院
☎ 0120-967-556

福岡市城南区神松寺2-17-4 3F
神松寺整骨院
☎ 092-865-3208


カレンダー

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
曲渕整骨院(本院)の道順はこちら