整骨院BLOG

2016年2月10日 水曜日

睡眠ネタ・ラストは「脳内クリーニングと最新情報(肥満)」

皆さんこんばんわmoon1shine

曲渕・神松寺整骨院 柔整復師の長谷です

これまでリレー方式で睡眠のエトセトラ‥テーマ毎に
お伝えしてきましたが、如何でしたでしょうか?happy02

私は

「脳内クリーニングと最新情報(肥満)」
についてお伝えします。




脳は起床して就寝するまでフル稼働していますwobblysweat01sweat01
脳は一日頑張って活動し、睡眠を取ることで
ようやく休まります。

この睡眠中に行われているのが「脳内クリーニング」
つまり、老廃物の排泄を行っているのです!!


皆さんも耳にした事がおありかと思いますが、
身体であれば老廃物は「リンパ管」を通じて
排泄されます。しかし、脳内にはリンパ管が
ありません。では、どうやって老廃物を排泄している
のでしょうか?

実は、脳内では動脈や静脈から漏れ出た「脳脊髄液」
により、老廃物が掃除されているらしいのですeyesweat01sweat01

睡眠不足が続いたり、睡眠の質が悪いと
老廃物が上手く除去されずに溜まってしまいますweepsweat01
この老廃物をアミロイドベーターといい、
認知症への関与もあるようです...coldsweats02
また脳内クリーニング機能は、年齢とともに
衰えてしまうそうですdown

ぜひ皆様には、これまでのブログでも紹介した
睡眠のポイントに注意して、『良い眠りの習慣』を
身につけて頂きたいです。


また睡眠は、認知症の他にも「肥満」や「糖尿病」
「高血圧」などにも関与があるようです。

睡眠と肥満...少し気になった方も多いのでは
ないでしょうか??

とある研究では、睡眠時間が7時間・6時間・5時間・
4時間未満の方を比較したところ、
睡眠時間が短かければ短いほど
肥満度が上がるというデータが出たそうです。

これは
「レプチン」と「グレリン」という
ホルモンの乱れが関与しています。

レプチンは、体温の調節や、食欲抑制、
グレリンは血糖値上昇や食欲増進
の役割を担っています。

睡眠が短いと身体は
レプチンを減らしdownグレリンを増やすup
という働きをします。
つまり‥‥睡眠が不足すると、食欲が増進してしまう?
という事になるわけです。
この働きが肥満の一つの原因となっています...coldsweats02
知れば知る程、睡眠は様々な事に関与していて
奥が深いですね



今回の生涯学習会の「睡眠学」については、
気にはなってはいたものの、今まで詳しく知らなかった
「睡眠」について学ぶ事ができ、自身の生活習慣を
見直す良いキッカケになりました。

曲渕整骨院・神松寺整骨院
柔道整復師 





カレンダー

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
曲渕整骨院(本院)の道順はこちら