整骨院BLOG

2015年3月21日 土曜日

整骨医学会「日常遭遇する足部の疾患」講演よりパート2

こんにちわ。
曲渕整骨院の柔道整復師、塚本淳です。

長谷先生に引き続き整骨医学会で講演のあった
「アキレス健炎」についてを投稿させて頂きます。

アキレス腱炎はスポーツ障害の一つでオーバーユーズ(使い過ぎ)により発症し、
ダッシュやジャンプの着地、ストップ動作などスポーツをする中で
負担が集中する箇所でスポーツ障害の中でも発生頻度は高くなります。

下腿三頭筋(ふくらはぎの筋肉)であるヒラメ筋、腓腹筋が過度な反復動作によって
アキレス腱に部分的な断裂を起こし、アキレス腱の痛みを発症させるものと言われています。
原因としては、スポーツのハードな練習、O脚、回内足、
偏平足などの足のアライメントの変化、下腿三頭筋の柔軟性の低下、
股・膝・足関節の柔軟性の低下、足関節可動域制限などがあります。

アキレス腱炎が発症している場合、踵の付着部から上3cm部分の
アキレス腱が腫脹しており、押さえると痛みが増強します。
激しい運動後や動き始めに痛みが強く、症状が進行すると安静時にも痛みが出る事もあり、
足関節を背屈させると痛みが増強します。

スポーツで使い過ぎによる柔軟性の低下が原因になってくるので
曲渕・神松寺整骨院ではマッサージ、ストレッチで筋肉を充分に休ませ、
痛みが治まってくると、痛みを繰り返したり、慢性化しないように
運動療法で筋肉を強化し、柔軟性のある筋肉作りをしていきます。
痛みがなく全力でスポーツ活動ができるようにスタッフ一同対応していきます!!



カレンダー

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
曲渕整骨院(本院)の道順はこちら