整骨院BLOG

2013年1月31日 木曜日

【ボランティアで「能」を堪能しました!!】

1月26日(土)  大野城まどかぴあで開催された
「新春スペクタクル 能 土蜘」を堪能してきました。

主催が、ボランティアグループ  YUI club (ユイクラブ)で
このクラブに私も参加しておりまして、昨年の夏場から
いろんな準備にも関わって当日を迎えました。

当日は厳しい寒さではありましたが
良いお天気に恵まれ、おかげさまでほぼ満席でした。


  
(皆様を受け入れる前に、クラブのみんなで打ち合わせです。)
  
(ユイクラブは、ピアニスト・デンティスト・アナウンサー
    等々、さまざまな職業の女性達が集うクラブです)



(開演前のシンと静まり返った舞台を写しました。)

まどかぴあには、こんな立派な能舞台があるのに、
これまで数回しか使われたことがなかったとか‥‥
大野城に住む、クラブのメンバーからの発案で
今回の企画を推進することになりました。

私は、会場係を仰せつかりまして、

場内上手・中扉で皆様の誘導をさせて頂きました。
たくさんのお客様に来ていただき、
とても胸がわくわくして、開演時間を迎えました。




まず、今回のシテ方・梅若玄祥氏と
ユイクラブ会員の古山さん(元RKBアナウンサー)の
トークで「能」の歴史や、今日の見どころを語って頂き、
続いて、狂言「隠狸(かくしだぬき)」が上演されました。
会場からも笑い声があがり、拍手喝采でした。
狂言は、割と理解しやすく、不勉強な私にも
よくわかり、面白かったです。


そして、いよいよ能・土蜘‥‥
笛の音・鼓の響き‥‥初めて観る能は、
まず素晴らしい「音楽」に引きつけられました。
最初は、派手な動きもなく「静」の舞台でしたが
後半は一転して、ちょっと怖い形相の土蜘の精が現れ
激しい動きとともに、蜘蛛の糸を舞台の
そこかしこに撒き散らし、圧巻でした。

演技中の舞台の写真は撮影禁止でしたので、
お見せできないのが残念ですが、とても美しくて
何と表現したらよいのかうまく言えませんが
心に迫ってくるものがありました。

素晴らしい舞台が無事終了し
お客様方を全員でお見送りして、
今度は、片付けの始まった舞台で
梅若玄祥先生とともに、記念撮影をさせて頂き
感激でした。


これからも、機会があれば、
いろんなイベントや、音楽のステージ、
日本の古典芸能など、
普段の業務とは離れた世界の事も、
体験し学んでいきたいと思います。

福岡市城南区長尾
曲渕整骨院  曲渕智子







カレンダー

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
曲渕整骨院(本院)の道順はこちら