贈る言葉

2013年1月28日 月曜日

【贈る言葉 3-10】

【無心になった時に売れる】

BMW正規ディーラー東立取締役の
飯尾昭夫氏の言葉、2つ目です。

飯尾さんは『売れない自分』を自覚しつつ、
しかし『売る』事を主眼にしなかったそうです。
常に『売れなくなるかもしれない』という
危機感は持つけれども、『売ろう!売ろう!』と
思いが先行すると、ちゃんとした会話
(相手の心を聴いて対話する事)が出来なくなり、
お客様との心の交流が
ブロックされてしまうのだそうです。

どんな仕事であっても、
危機感の対象は、あくまでも自分。
セールスの仕事なら、
こちらが『売りたい』と押すのではなく、
お客様が『あなたから買いたい』と
言って下さる自分を目指して、無心になる。
それは仕事に対して、日々誠実に、機敏に、
そして真摯に取り組むことだと
改めて感じました。

曲渕智子


投稿者 曲渕整骨院

曲渕整骨院(本院)の道順はこちら