贈る言葉

2012年12月23日 日曜日

【贈る言葉 2-150】

【鋭きも 鈍きもともに 捨てがたし
    錐(キリ)と槌(ツチ)とに 使い分けねば】

幕末期、日本で最も大きな私塾
『咸宜園(カンギエン)』塾主・儒学者の
広瀬淡窓(ヒロセタンソウ)の和歌です。

『人間には人それぞれの個性があり、
違った能力がある。
それを生かす事が大切である』
江戸時代版『世界に一つだけの花』でしょうか...?
この『個性を尊重』する教育法の元、
優秀な門下生(木村益太郎・高野長英・
上野彦馬等)を輩出しています。

そして、この塾主・広瀬淡窓が
実践していたのが『万善簿』です。
一つ善い事をしたら白い丸を、
悪い事をしたときは黒い丸を一つ。
毎日、白丸の数から黒丸の数を引いて、
その数が1万になるのを目指し、
ひたすら善行に励み、
日々の生活態度の悪行を戒めたそうです。

自分にはあくまでも厳しく、
人には個性を認めて寛大であった淡窓、
あっぱれと言うしかありません。

曲渕智子


投稿者 曲渕整骨院

曲渕整骨院(本院)の道順はこちら