贈る言葉

2012年12月 3日 月曜日

【贈る言葉 2-140】

【外寛内明】

他人には寛大に(優しく親切に)接し、
自分には明晰に(正確に厳しく)省みる...
難しいけれども、本当に大切な事ですね。

また、帝王学の書
『宗名臣言行録(そうめいしんげんこうろく)』
には
『明なれども察(さつ)に及ばず 
寛なれども縦(しょう)に至らず』
と説かれているそうです。

現状を甘く見て方縦になることなく、
しかし細部にとらわれ過ぎることもなく...
と言うことは、つまり『つかず・離れず』に、
『在りを在りとして、そのままを認めて、
それに対応していく』事と、
改めて認識する今日この頃です。


曲渕智子


投稿者 曲渕整骨院

曲渕整骨院(本院)の道順はこちら