贈る言葉

2012年11月 8日 木曜日

【贈る言葉 2-135】

【いまがその時、その時がいま】

彫刻家・外尾悦郎氏は、
不世出の建築家アントニオ・ガウディが設計し、
着工から130年を経てなお、未完のまま
工事が続くサグラダ・ファミリア教会の建築に
参加しておられます。

外尾さんがいつも自分自身に言い聞かせて来た
言葉が『いまがその時、その時がいま』だそうです。


『本当にやりたいことがいつか見えるだろう、
見えたら頑張ろう...』では、
絶対にやりたいことは掴めないのではないでしょうか。
大切なものは、『今・いま』に真剣に
取り組まない人には決して訪れないのです。

何かに憧れている...その瞬間・いまこそが、その時!
憧れを現実に引き寄せる、一瞬一瞬が『いま』です。

さて立冬を迎え、日毎に気温が下がっていますね。
皆様ご自愛頂きまして、お疲れの出ませんように...。
 
曲渕智子


投稿者 曲渕整骨院

曲渕整骨院(本院)の道順はこちら