贈る言葉

2012年10月 4日 木曜日

【贈る言葉 2-120】

【出来ることはやり尽くした。
      体の中に何も残っていない】

就任一年目で胴上げされた
日本ハムファイターズの栗山英樹監督の言葉です。
監督は、『選手の迷いを消すのが仕事』と言い、
座右の銘は『夢は正夢』。

日ハムのエースピッチャー・武田勝選手は
『(監督の)細やかな気遣いは初めて。
監督らしくない監督』と評しています。

与えられた『場』→『監督業』に
精一杯取り組み、気付いた事を次々と行動に移し、
『色んなストレスは(試合で)勝つしか発散出来ない』
と、食欲が半分になっても
突き進んだシーズンだった様です。

ホークスファンの私からも
『あっぱれfuji』を贈ります。
(でも、ホークスファンはクライマックスシリーズ
まだまだ諦めていませんよ~happy02)

曲渕智子


投稿者 曲渕整骨院

曲渕整骨院(本院)の道順はこちら