贈る言葉

2012年9月10日 月曜日

【贈る言葉 2-113】

【日本って素晴らしい①】

伊勢神宮では『式年遷宮』という20年に1度の
遷宮(→弥生式建築で耐用年数が短い・
建物が古くなると神の気が枯れる‥‥等々
様々な理由で建て替えられ遷座される)に際して
御杣山(みそまやま)という森から木を切り出します。
その森の木には一本線が入れてある木と
二本線が入った木とがあるそうです。

伊勢神宮の方に尋ねると、
線が一本の木は100年後の遷宮の時に切り出す木
二本線の木は200年後に切り出す木とのこと。


今、森を守り木を育てているのは、
自分達の時代の遷宮の為ではないのですね。
200年~300年もの先を見据えて、
今ここにある自分の働きを精一杯努める‥‥。

期待すべき未来像から、今、私達はどう在るべきか
と考えることを『バックキャスティング』と言うそうです。
伊勢神宮等は既に1300年も前からそうして
遷宮を執り行って来たわけです。

改めて日本って素晴らしいと感じました。
このテーマ、続く‥‥。

曲渕智子


投稿者 曲渕整骨院

曲渕整骨院(本院)の道順はこちら