贈る言葉

2012年6月18日 月曜日

【贈る言葉 2-81】

【自分の過去の傷をしっかり抱きしめて、優しく手放して下さい‥‥】

生きていれば、いろんな出来事が次々に起こります。
私たちは、その度に選択を迫られ、右へ行くか左へ行くか、
するかしないか‥‥決めるのは常に自分です。

『正しい選択』か『間違った選択』かは、
真の意味での判断はできないかもしれませんが、
もし自分が選択を誤ったと感じる時は、
自分を批判するのではなく、その過ちから逃げずに、
その過ちを犯した自分を、抱きしめて下さい。

あなたの過ちをしっかり抱きしめて
(受け入れる・認める→自分を客観視する)
優しく手放して下さい。

あなたの選択のミスを、他者に責任転嫁したり、
外側を批判していても、あなたの傷は癒えず、
心に深く残りあなたを捉えて離さなくなります。

他人を恨むのはその最たるもの。
恨むことで問題は解決しません。
自分の選択のミスを受け止め、その後優しく手放してしまいましょう。

曲渕智子

投稿者 曲渕整骨院

曲渕整骨院(本院)の道順はこちら