贈る言葉

2012年4月 4日 水曜日

【贈る言葉 2-53】

【風の色が変わった...】

昨日の朝日新聞、哲学者の木田元(きだ・げん)さんの
文章が目にとまりました。

豪雪地帯出身という木田さんの郷里では、
4月も半ばになる遅い春の訪れを
『風の色が変わった』と言うのだそうです。
鈍色(にびいろ)の雲・雪・山肌に覆われた冬の日から
青空・小さな木の芽・そして春風に、『風の色が変わった』と。


昨日は日本全国で、爆弾低気圧bombcloudthunderの影響で、
凄まじい雨raintyphoonでしたね~。
でも、今朝の博多は、素晴らしい青空に、
透き通った穏やかな風が吹いています。
『風の色が変わった』ようです。
いよいよ春も本番です。


 曲渕智子


投稿者 曲渕整骨院

曲渕整骨院(本院)の道順はこちら