贈る言葉

2012年3月28日 水曜日

【贈る言葉 2-48】

【一日の学問 千載の宝  百年の富貴 一朝の塵】

鎌倉末期の禅僧・夢窓疎石(むそうそせき)の七言絶句の一部です。


わずか一日の浅い学問でも自分の身につけば
永遠の実りとなりますが、
百年の年月をかけて蓄積された大きな財産は、
学問と違ってあっという間に塵のように無くなってしまう...。

『一書の恩徳 萬玉に勝る  一言の教訓 重きこと千金』
と続くこの絶句、
良書と良い師に巡り会う事が、いかに大切な事かを
簡潔に教えてくれています。


私達は漢文等に触れる機会も極端に少なく、
知らないことばかりです。
改めて、中国の古典(『大学』や『論語』等々)や
日本の古典にも学ばなければいけないなぁと感じ入る日々です。

 曲渕智子


投稿者 曲渕整骨院

曲渕整骨院(本院)の道順はこちら