贈る言葉

2012年3月 5日 月曜日

【贈る言葉 2-35】

【山崎さん、すごい①】

昨日、福岡県の『青少年アンビシャス運動シンポジウム』の司会をさせて頂きました。

今回の講師は、JAXAの宇宙飛行士・山崎直子さん。
『はやぶさ』人気?1000人以上の参加希望者があり、会場は満席。

その山崎さんの一言。
『宇宙飛行士の訓練は9割が緊急時の対応。
しかも、その場で話し合っていては間に合わない様な危険が伴う。
だから、議論を効率化することはとても大切』


凄まじい重力に逆らって地上を抜け、
上空400㎞の宇宙空間を秒速8㎞(マッハ25)もの猛スピードで移動するシャトルと
国際宇宙ステーションをドッキングさせる...etc.
文字通り、危険と背中合わせの仕事。

マニュアル化できることは、全てマニュアル化され、
シャトルの内部はできる限り簡素化されているそうです。
その上に、宇宙飛行士は訓練を重ねいつでも宇宙へ行ける様に備えます。
それでも、予期せぬ事が起こる...。
人知を尽くした上に謙虚にならざるを得ない、
素晴らしい職務に感動致しました(次回に続く...)

 sun曲渕智子night


投稿者 曲渕整骨院

曲渕整骨院(本院)の道順はこちら