贈る言葉

2011年12月13日 火曜日

【贈る言葉 vol.158】

【時にかなってうるはし】

新聞の読者欄で見つけました。
その人にとって一番良い時に、機が熟して、才能の花を開かせる時が来る‥‥
そして、その時期は一人一人違うのだから、焦らず慌てず、努力精進しなさいと、
この言葉は伝えてくれます。

時々、何もかも投げ捨てて、逃げ出したくなる時もあるかもしれません。
結果がなかなか現れなかったり、タイミングに恵まれなかったり‥‥。
それは、まだ機が熟していないだけ‥‥
ご縁に感謝し、決して腐らず、うまずたゆまず歩いていくしかありません。

目は、顔の前面に付いています。前向きに歩むためです。
常に前を見据えて一歩ずつ歩いていきましょう。

 曲渕智子


投稿者 曲渕整骨院

曲渕整骨院(本院)の道順はこちら